バイタリティは才能ではなく、 誰でも身に付けられるスキル

何をやっても上手くいく、
そんな人生に憧れを抱きませんか?

 

何をやっても上手くいかない、
想い通りの絵にならない。

 

好きな人から愛されない、
好きな上司から褒められない。

 

そんな人生って
絶望的ですよね。

 

----------------------
バイタリティは才能ではなく、
誰でも身に付けられるスキル
----------------------

 

生まれつきポジティブで
どんな状況でもめげない
タフな精神力の人などいません。

 

基本的に人間は、
どちらかと言えばネガティブで、
失敗すると挫けます。

 

怒られると萎縮するのが
すべての人間の共通です。

 

しかし、

何をやっても上手くいく人達は
今の自分と向き合って生きています。

 

ダメな人と成功者との違いを
冷静に分析して、

マネできる部分の研究を
繰り返す努力をしていました。

 

その結果、
「あの人はバイタリティがある」
と周囲に言われるまでに成長したのです。

 

つまり、バイタリティは
生まれつきの才能ではありません。

 

ほんの少しの工夫で
誰でも身に付けられるスキルなのです。

 

「バイタリティ」とは
ラテン語で「命」を表す言葉が言語です。

 

「生命力」とか「活気」など
エネルギーを感じさせる言葉です。

 

その意味の通り、
バイタリティに溢れる人は、
前向きな発言をします。

 

苦しい場面でも楽しく働くし、
失敗してもめげません。

 

「そんな働き方が出来たら羨ましい」

と、誰もが思うような態度で
仕事と向き合っています。

 

バイタリティ溢れる人は、
周囲から高評価を得ます。

 

好印象を与えるので
成功者になる可能性が高いでしょう。

 

そんなバイタリティ、
「実は誰でも身に付けることができる」
と聞いて、あなたは信じますか?

 

僕が交流してきた
幸福的成功者のほとんどは、

後天的な努力によって
バイタリティを身に付けた人ばかり。

 

バイタリティを身に付けるには、
「なりたい自分を決める」
まず、この姿勢が基本です。

 

あなたは「なりたい自分」を
具体的に思い描いていますか?

 

目隠しして車に乗せられると
どこに着くか分からず不安ですよね。

 

それと同じで

「どんな自分になりたいか」
が見えていないと、

どのように努力すべきかを
決めることができません。

 

バイタリティ溢れる人は
理想の自分を設定しています。

 

その理想像から逆算し
「なりたい自分なら、今はどうすべきか」
と考えて、日々の仕事を改善します。

 

正しいゴールがわかっていれば、
努力の方向性も見えてきます。

 

バイタリティを身に付けるには
「逆境は主人公の特権」と考える。

 

理想の自分を決め、
形から取り組み始めると
バイタリティの高まりを感じます。

 

しかし、そんなあなたから
バイタリティを奪う敵が出現するのです。

 

それが「失敗」です。

 

仕事のミスはもちろん、
取引先の倒産や
仲間のミスから連鎖した
プロジェクトの不発など、

自分の原因に関わらず
誰でも失敗に遭遇するものです。

 

でも、そんな場面に出くわしても
「逆境は主人公の特権だ」
と考えるのが成功者なのです。

 

ヒット映画や人気漫画の主人公は
とてつもない試練や逆境にいます。

 

底から這い上がり、
逆境を跳ね返すから面白いのです。

 

あなたは主人公ですか?

 

失敗や逆境は、
主人公にしか現れない特権です。

 

「いかにして事態を挽回できるか」
と気持ちを切り替えて
前向きになれた時だけ
バイタリティは湧いてくるのです。

 

そして最後、
バイタリティを身に付ける習慣は、

まさにバイタリティ溢れる人と一緒に過ごす。
これにつきます。

 

バイタリティ溢れる人が放つ
あのポジティブな雰囲気は、
周囲に伝染するからです。

 

ヤル気が溢れる人や
元気な人と一緒にいるだけで
自然と力が湧いてくるのです。

 

今すぐバイタリティを得たいなら、

あなたの周囲で
もっともバイタリティがある人と
食事に行くこと。

 

時間は平等です。

 

しかしネガティブだと
労働時間が苦痛に感じます。

 

ポジティブに働けば
充実に変わります。

 

その名案を分ける原因は
バイタリティの有無にあります。

 

何度も言いますが、
バイタリティは才能じゃない。

 

誰でもみに付けられるのです。

 

それを身に付けるだけで、
周囲からの評判も上がり、
何より自分が楽しく働けます。

 

どうせ働くなら、
バイタリティを身に付けてみませんか?