気分がコロコロ変わるのは、 もしかすると何かの障害かも

やろうと決めたのに
突然興味がなくなってしまい

気分がコロコロ変わったり
一日で気分の浮き沈みが激しくて、
辛い人生を送っています。

 

どうにかならないでしょうか?

 

このような相談は
意外によく寄せられます。

 

お金と時間を使って、
せっかく勉強したにも関わらず、

ようやくステージに立った瞬間から
ヤル気が消えてしまった。

 

そして、また別の何かに
心を奪われてしまう。

 

これを繰り返してしまうと、
何者になるころはなく、
退屈な生活を淡々と過ごし、
平凡な一生で終える人生となる。

 

それは、とても
辛くて悲しい状況ですよね。

 

なんとかそこから脱却して
輝かしい人生を謳歌したい、
本来は誰もがそう思うはずです。

 

----------------------
気分がコロコロ変わるのは、
もしかすると何かの障害かも
----------------------

 

身近な人の発言や態度が
機嫌によってコロコロ変わるようなとき、

「もしかすると何かの病気のなでは」
と思ってしまいますよね。

 

もちろん人は誰でも
気分の浮き沈みがあります。

 

しかし、

コントロールできないほど
気分の浮き沈みが激しいと、

やりたいことができないし、
いつも疲れている状態になって、
日常生活に支障をきたします。

 

気分の浮き沈みが激しいのは、
自律神経のバランスが乱れて、
意識が低下している可能性があります。

 

不規則な生活やストレスによって
自律神経のバランスは乱れます。

 

睡眠を十分取れるように
生活習慣を見直したり、

仕事のストレスから離れられるために
趣味を満喫し、
気さくに話せる友人を作ることで
改善しやすくなります。

 

自分をどのように捉えているか、
自己評価が不安定なために、
発言や機嫌がコロコロ変わることもあります。

 

気分がコロコロ変わるだけで
病気と判断することができませんが、

もしかすると
何かしらの障害による
影響の可能性もあります。

 

そういった診断は
精神科や心療内科などで行われます。

 

まず筆頭に上がるのが
双極性障害です。

 

大きな気分の落ち込み
つまり「鬱状態」と、

気分が高まる「躁状態」を
交互に繰り返す病気です。

 

鬱状態では、
意識や集中力が低下し、
焦燥感とか不安な感情が続き、
不眠になってしまいます。

 

ところが躁状態では、
過度に自信がみなぎり、
注意が三万二なったりして
活動的になって思い切りが強くなり
散財して損失を招くのです。

 

そして、それが目覚めた時、
絶望感に襲われてしまうのです。

 

これらは、医学的に
はっきりとした原因が分かっていません。

 

ですから医学では、
薬物療法と心理教育により、
賞状と付き合いながら生活する、
という手法を取ります。

 

次に、
境界性パーソナリティ障害
ということも考えられます。

 

固有の思考や対人関係の影響で
本人や周りの人が苦しみを抱えて、
日常生活に支障をきたしている状態です。

 

気分の波が大きく、
自分の振る舞いやイメージが変化しやすいので、
他人との安定した関係を気付けなくて苦労します。

 

不信感を強く抱いたり、
攻撃的な態度を取ってしまったりして
相手を振り回す言動が見られます。

 

あるいは、
適応障害という場合もあります。

 

特定の環境において
ストレスによる気分が落ち込み
イライラ、不安、意欲低下などの反応が
とても強く表れて、
日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

仕事に行く前は起きられず、
理由もなく涙が出たり
お腹が痛くなったりします。

 

しかし仕事が終わったり
休んだりすると元気になります。

 

ストレスの原因が環境ですから、
離れると症状が消えます。

 

ですから、これは
環境調整が優先されます。

 

とはいえ簡単に
今の環境から離れられないので

まずはカウンセリングと認知行動療法
そして服薬という治療が行われます。

 

さらにひどくなると、
幻聴や妄想を引き起こす、
統合失調症かもしれません。

 

考えがまとまらなくなったり
話題がコロコロ変わったりします。

 

占い師になるとき、
このような病気の種類を
把握しておく必要があります。

 

気分が変わる原因や解決策を
一緒に考えていくことです。

 

なかなか簡単に
治る病気ではありません。

 

しかし、僕は経験上、
克服した人たちを知っています。

 

治るか、治らないか、
ではなくて、

賞状を理解して
適度に改善していくのです。

 

それを治そうとすると、
自己否定感に苛まれます。

 

ですから、
そういうのは個性だと
まず肯定すること。

 

そのために、
四柱推命紫微斗数
とても役に立ちます。

 

この両者は
占いとバカにできません。

 

あなたの個性や偏りが、
干支や星の状態で
克明に記されているからです。