むしろ優等生でない方が 創業社長に向くかもしれない

----------------------
むしろ優等生でない方が
創業社長に向くかもしれない
----------------------

 

起業して会社を興せば
名目上だれでも「社長」になります。

 

若いうちに社長になった人は
まぶしく見えますよね。

 

ただし、
社長になるリスクは相当なもの。

 

まず、何をしたら
社長になれるのか?

 

年間の売上1千万の会社なら
そんなに難しくはありません。

 

ただ、そこから
3千万にして継続して生き残る、、、

つまり

売上を伸ばしていくことに
社長は苦労するわけです。

 

社長になるメリットとしては、
「世間が高く評価してくれる」
というのがあります。

 

フリーランスですと、
なんとなく半人前な扱いをされます。

 

しかし、そういった
周囲の反応がある反面、
経営責任がのしかかってくるわけです。

 

また、

貯金があっという間に底をつく、
という恐怖も体験します。

 

最初の頃は
減っていく一方です。

 

資金繰りが大変なのです。

 

最初の3年は、
ひたすら休みなく
働くことになるでしょう。

 

4年目から
少しずつ黒字になり、
7年くらいでV字回復するのです。

 

ところで、社長っていうと
「能力が高く、何でもできる」
というイメージがありませんか?

 

それは「雇われ社長」のことです。

 

しかし創業社長は、
優等生じゃなくても務まります。

 

むしろ優等生出ない方が
創業社長には向くかもしれません。

 

社長になるためのポイントは

度胸がある
融通が利く
数字に強い
行動が早い

この4つだと思っています。

 

仕事の交渉をするとき、
相手に対してビビらない。

 

言いたいことをハッキリと
明瞭に誤解を与えず伝えられる。

 

いざというとき、
社員の尻ぬぐいをしたり、
借金を背負うこともあります。

 

ですから、

度胸と勇気がないと
社長は務まりません。

 

社長はやることが多く、
苦手な業務でも逃げられません。

 

ですから気張りすぎないで
人に任せられる寛容さが必要です。

 

完璧主義や神経質だと
すぐ潰れてしまうでしょうね。

 

ですから、

自分は完璧主義だ
潔癖な方がと思う人は、
社長には不向きかもしれません。

 

仕入れをしたり、
在庫管理をしたり、
社員に支払う給料を決めたり、
数字を扱うシーンがとても多いです。

 

会社の状況を把握する為にも、
数字に強い方が有利です。

 

専門用語でいうと、

キャッシュフローとか、
リクープラインという言葉です。

 

また、動きが俊敏だと
多くのチャンスを掴めます。

 

興味があればパッと飛びつき、
瞬時に対応できる
フットワークの軽さ。

 

「落ち着きがない」
と言われている人の方が
社長に向いていたりします。

 

とにかく野望がある。
くだらない夢でもかまいません。

 

強い意志があることが
欠かせない要素なんです。

 

社長の仕事は
企画・営業・管理です。

 

「一発当てたい」

という気持ちがある人は
社長になると失敗してしまいます。

 

野心は強く抱いて

こっそり隠し持つことです。

 

社長になりたいのなら、
マインドを徹底的に変えるのです。

 

 

 

「お金が無い」「お金が欲しい」 という言葉は、呪いのワードです

今日は
成功する秘訣を書きたいと思います。

 

それは、
ひたすら愚直に続けること。

 

これが、たったひとつの
成功法だと信じています。

 

でも、これは
努力ではありません。

 

すべては「計画」があるから
実行できるのです。

 

----------------------
「お金が無い」「お金が欲しい」
という言葉は、呪いのワードです
----------------------

 

いま始めたことは、
今後もやめないで続けましょう。

 

これからスタートすることは
途中でやめないようにする。

 

そのためには
しっかり計画することです。

 

では、どうやったら
やめずに続けられるのか?

 

まずは「数字」を意識する。

 

「数」というのは神秘です。

 

つまり計画を立てることは
「数字」なのです。

 

いつから始めて、
いっつまで続けるのか?

 

基本的にビジネスなら
長期なのか短期なのかを
前もって計画します。

 

売上目標と、掛かる経費、
赤字を改修するために必要な期間を
具体的に数値化するのです。

 

いつかやる、ではなくて
3ヶ月以内にやる、とか。

 

たくさん稼ぐ、ではなく
今年中に14万円稼ぐ、
というように。

 

数字に強くならないと
自営業はできません。

 

数字に強い、というのは
その数字を達成する
という意味です。

 

「欲しい金額」と「稼げる金額」

この両者に
根拠を持たせるのです。

 

数字に弱い人は
貧乏になってしまいます。

 

仮に高所得であっても
数字に弱いと元金が目減りします。

 

「貯金が増えない」と嘆く人は
数字に弱いからです。

 

傾向として

稼げない人は
希望する金額を口にします。

 

稼げる人は、
根拠のある金額を提示します。

 

あなたは
どちら側の人ですか?

 

「お金が無い」
「もっとお金が欲しい」

という言葉は
呪いのワードです。

 

こんな言葉を使うから
貧困の渦に飲まれるのです。

 

ちなみに占い師は
数字に縁の深い職業です。

 

占いが好きな人なら
「エンジェルナンバー」という言葉を
聞いたことがあるはず。

 

デジタル時計とか
スマホゲームで獲得した点、
車のナンバーなどで
偶然たまたま目に入った数字、

それが

ゾロ目だったり
キリの良い数字だったり
自分の誕生日だったりすると

ちょっとワクワクしませんか?

 

「エンジェルナンバー」
という言葉は
カリフォルニアの作家が提示しました。

 

もちろん、

数字に神秘なパワーがある
という考え方自体は古くからあります。

 

キリスト教では「666」を
悪魔の数字として嫌いますし

中国や日本では「3」と「8」が
縁起の良い数字と言われています。

 

数字には神秘的な力と
メッセージが宿っていると考え、

そこに秘められた意味を説こうと
学者や占術師が試みてきました。

 

現代、数字は
科学的な学問ですが、
ルネサンス期までの数学は
哲学や神秘学、そして
オカルティズムだったのです。

 

エンジェルナンバーは、
数字が秘めた意味の探求という
学問なのです。

 

 

 

直感を鍛えるには とにかく経験を積むことです

----------------------
直感を鍛えるには
とにかく経験を積むことです
----------------------

 

とにかく占い師は
直感を鍛えることが肝心です。

 

そもそも「直感」は
ゼロ秒で判断されます。

 

将棋の名人は
「直感の7割は正しい」
と言います。

 

アマ棋士とプロ棋士では
使う脳の場所が違います。

 

プロ棋士が使う脳の神経回路は
生まれつきの才能ではありません。

 

マチュアでも
訓練を重ねることによって
プロ棋士脳になれるからです。

 

その訓練方法は、
ゲームによるものです。

 

手足を自由に動かす
運動に関わる機能を鍛えるのです。

 

将棋のプロは、
反射的な直感によって
先の手を読んでいるのです。

 

直感とは、
手足が動くように反射的で
そこには思考がありません。

 

そういった直感は
訓練によって身に付けられます。

 

見えない物を充てる超能力なんて
そんなものは存在しないんです。

 

つまり直感は
運動の脳部位による反射です。

 

そこに思考がないので
スピリチュアルに思えてしまうだけ。

 

しかし、スピリチュアルでも
深い経験が優れた直感を生みます。

 

まとも人間は30代になると
必ず管理職になります。

 

それなりの経験が蓄えられ
仕事における判断ができるからです。

 

「この企画はやるべき」とか
「この会社はちょっと怪しい」

といった直感力が
経験によって身に付きます。

 

この直感は
とても信用できる相棒です。

 

神経衰弱というゲームで
直感でこれ!と選ぶ人がいませんか?

 

これは直感ではなく
でたらめです。

 

でたらめの連続からは
直感力なんて身に付かないのです。

 

直感の判断材料は記憶であり、
記憶を育てるのは深い経験です。

 

ちなみに女性は
言葉以外のコミュニケーションを
心得ていますよね。

 

視線や表情などから
感情を読み取る能力です。

 

これを
非言語的コミュニケーション
と呼んでいます。

 

女性の感が鋭いのは
非言語的コミュニケーションが
得意だからです。

 

特に声によって
不正行為を見抜く能力です。

 

直感で行動できる人は
正しい道を選べます。

 

しかし経験が少ないと
直感は発動しません。

 

直感が鈍ければ
思考を使って行動します。

 

思考から行動すれば
間違いも起きますが
それが経験となります。

 

直感が発動できるのは
経験が豊富だからです。

 

そういった意味で
普段からトレーニングを積んでいる
プロ棋士やアスリートは
直感が優れているわけです。

 

直感を鍛えるには
とにかく経験を積むことです。

 

経験が浅い人は
まず知識でカバーしましょう。

 

繰り返し学習して
脳に記憶させるのです。

 

繰り返さないと
記憶は定着しません。

 

もっとも効果的なのが
囲碁や将棋などの
マインドスポーツです。

 

特に詰将棋で鍛えられます。

 

あとパズルゲームとか
穴埋めクイズなども
おすすめです。

 

暇さあエあれば
難易度の高いアプリゲームをやって
直感を鍛えることです。

 

 

 

自分を成長させたいなら できるだけ「違う人」と会うと良い

----------------------
自分を成長させたいなら
できるだけ「違う人」と会うと良い
----------------------

 

あなたは「運」を
計画的に上げていますか?

 

「運」というのは
ちゃんと考えて行動しないと
どんどん下がってしまうものです。

 

ストレスが溜まっていたり
疲れていたりすると、

「人に会いたくない」
と感じることもありますよね。

 

なぜか「人と会いたくない」
という気分になるのは、
人疲れが原因のことが多いです。

 

好きなことをしたりして
気持ちを切り替えられれば良いのですが、

ネガティブな出来事に
延々と考え込むような人は
ストレスを発散できません。

 

その結果、
人と接する余裕がなくなります。

 

そもそもコミュニケーションが苦手だと
人と接する前に余計なストレスを感じてしまいます。

 

気遣いができる人は
相手が何を望んでいるか考え
先回りして行動するので、
コミュニケーションは円滑に進めます。

 

しかし、それも行き過ぎると
いつも誰かの顔色を伺って
気持ちが疲れてしまうでしょう。

 

しかしながら毎日、
同じ人とだけの会話では
成長は止まります。

 

自分を成長させたいなら、
できるだけ「違う人」と会うこと。

 

出会いは、
最大の教師です。

 

ひとりの人物との出会いが
人生を一変させることがあります。

 

どんなに多くの本より、
どんなに多くの映像より、
現実の出会いは成長をもたらします。

 

ただし出会いは、
自分から働きかけない限り生まれません。

 

人脈づくりの基本は
自分から相手の胸に飛び込んでいくこと、
これしかないのです。

 

会いたい人には会ってみる。
知らない人に話しかけてみる。

 

僕はラッキーなことに
適切な時期に適切な人と出会っています。

 

でも、これは、
僕がラッキーだったわけではありません。

 

誰にでも
その機会はあったはず。

 

その違いは、
自分から飛び込んだか素通りしてきたか
この差だけなのです。

 

どんな人でも、どこかで
繋がれるはずなのです。

 

僕の場合あ
「この人は凄そうだ」
「この人に会ってみたい」
と思ったら、直ぐに連絡します。

 

興味を持ってくれた人に対して、
人は会おうと思ってくれるからです。

 

 

 

自然に生まれる感謝の言葉は 相手の心にまっすぐ伝わります

----------------------
自然に生まれる感謝の言葉は
相手の心にまっすぐ伝わります
----------------------

 

僕はいつも感謝する思考を
持つように心掛けています。

 

なぜかというと、
感謝の言葉は神に通じるからです。

 

その反対で、
不平の言葉は悪魔に通じます。

 

感謝は感謝を呼び、
不平は不平を呼びます。

 

喜べば慶び事が舞い込む、
これぞ真理です。

 

よく
「成功する人は感謝ができる人」
という言葉を耳にしませんか?

 

そうなんです。
感謝なくして成功はないのです。

 

大きな成功は、
多くの人達を幸せにし、
それが感謝に変わります。

 

成功をしますと、
無意識レベルのステップが
発生します。

 

感謝の力って
すごいですよね。

 

感謝することで
さらに運気が上がります。

 

とはいえども、本来
感謝とは「する」ものではありません。

 

心の在り方の状態なのです。

 

人はなぜ、
感謝は「するもの」と捉えているのか。

 

なぜなら幼い頃から

「もっと感謝しなさい」
「感謝が足りない」

などと叱責されるシーンを
経験しながら成長してきている
という背景があるからです。

 

なので、
「感謝はするもの」だと
思い込まされている。

 

確かに
「感謝した方が人生は良くなるらしい」
という感覚は、
ほとんどの人が持っているでしょう。

 

けれど、多くの人達は
感謝よりも愚痴の方が先に出る。

 

そこで、考えてみましょう。

 

感謝が状態であることは、
どういった感覚なのか、と。

 

最近で言えば、
コロナで出来なかったことが
再び出来るようになったときの喜び。

 

会いたかった人に
「やっと会えた」という感謝です。

 

そんなとき
「ありがとう!」
「いやー嬉しいよね」
と、あふれ出てくる感じです。

 

つまり感謝とは
内側に湧き上がる感動から
発せられるエネルギーで満たされた
状態を指すのです。

 

この感覚が伴った言葉は
人の心に届きます。

 

なので、

口先だけの感謝の言葉は、
心に響かないんです。

 

感謝の状態から
自然に生まれるアリガトウは
相手の心に伝わります。

 

「言えば良いんでしょ」
「とりあえず感謝しておこう」

といった、
気持ちが乗っていない口先の言葉では

人生を好転させたり
運を引き上げたりはしません。

 

感謝というのは
感動をキャッチしている状態です。

 

つまり、

感謝できる人は
素直な心を持つ人ですね。

 

感謝して生きるとは、
「みずみずしい心で生きる」
ということなのです。

 

「家族がいてくれて、
僕は支えられている」

「差し入れしてくれたお菓子、
とっても美味しかったな」

「部下が成長してくれた」

「今日も健康で
仕事ができている」

「あなたがいてくれるから
僕は仕事に集中できる」

こんな言葉を
毎日発する人はいますか?

 

そんな人と一緒に仕事できたら
とても気持ちが良いですよね。

 

毎日欠かさず
感謝の言葉を発する人は

周りからも感謝されるし
応援されるので
豊かに成功していきます。

 

素直で感動できる心を持つだけで
誰でも豊かで幸せになれます。

 

人生の成功者になるのは
そんなに難しくないんです。

 

愚痴を言う人や、
不平不満の言葉が多い人とは
一定の距離を開けること。

 

僕は人材意を採用するとき、
感謝できる素直な人を選びます。

 

逆に言うと、

この人、愚痴が多いな、、、
と思ったら、避けて通ります。

 

そう感じた相手には
二度と連絡しません。

 

良縁というのは、
このようにしてっ作られていくわけです。

 

 

 

その道のトップクラスになるには 1万時間の練習や経験がいる

----------------------
その道のトップクラスになるには
1万時間の練習や経験がいる
----------------------

 

フロリダ州立大学の教授が

「あらゆるジャンルの
トップに上り詰めつには
1万時間が必要だ」

と発表しています。

 

ちなみに
一流ピアニストになるには
1万時間必要と言われています。

 

ピアニストは1日
4時間ほど練習します。

 

ピアノに触らない日はなく、
どんあんい短時間であっても
練習は欠かしません。

 

ピアノは1日弾かないだけで
3日戻ると言われています。

 

指の動きを忘れてしまう
ピアノを弾いていないと
筋力が落ちてしまうからです。

 

卓越したトップレベルなら
3日戻っても問題無いかもしれません。

 

しかし、
ピアノ練習している段階だと
その3日は大きな退化です。

 

ピアノは鍵盤を叩くだけでなく、
コマかな力の調整をして
表現力を高めなければなりません。

 

考えなくても鍵盤を叩けるまで
演奏を身体に叩き込んでいますが、
サボると指の動きが分からなくなります。

 

その道のプロ、
または一人前になるには
1万時間の練習や経験がいる。

 

ただし、1万時間と言っても
それが本質的業務に絞ってか、
非本質的業務を含めてかで
意味合いが異なります。

 

本質的業務というのは
その職業を名乗るのに
絶対条件となる業務です。

 

それに対し
非本質的業務というのは、

それをやっているか否かは
直接的に職業を名乗るのに関係のない業務、

という意味です。

 

飛行機のパイロットは
気候気を操縦するからこそ
パイロットです。

 

操縦をしないパイロットは
パイロットとは言えません。

 

ですから
パイロットの本質的業務は
気候気の操縦ということ。

 

ただしパイロットは
操縦だけが仕事ではありません。

 

会議や書類作成、
新人教育という業務もあります。

 

ただし
これらの業務をやらなくても
気候気の操縦さえしているなら
その人はパイロットです。

 

現実社会だと
そんな人はいませんが、
漫画やドラマだといますよね。

 

手塚治虫ブラックジャック
医師免許をはく奪されましたが
手術だけを請負います。

 

病院での会議や書類作成という
面倒な業務はやりません。

 

そんなブラックジャックの職業を
誰もが「医者」と答えるはずです。

 

つまり患者の治療をする、
この一点が医者の本質的業務で
その他は非本質的業務となるわけです。

 

パイロットには
職業的経験値の目安として
「総飛行時間」というものがあります。

 

その捉え方は
旅客機が戦闘機かによって
それぞれ違いがあるけど、

大まかに旅客機のパイロットは
5千時間で一人前、
1万時間以上でベテランと言われます。

 

旅客機のパイロットは
年間気候時間の上限が
約1000時間に制限されているので
1万時間は10年で達成となります。

 

にアニスとやパイロットだけでなく
実は占いも1万時間の法則が
当てはまります。

 

占い師は免許がないので
誰でもなれますが、

5千時間でようやく一人前だから
一流になるにはやはり1万時間です。

 

気が遠くなりますか?

 

例えば、僕は
4万人と鑑定をしました。

 

1人につき平均30分だとして
もう2万時間以上は鑑定をしています。

 

かつて全盛期は1日平均6時間、
それを休まず毎日やりましたので、
1ねん300日としても1800時間。

それを10年続けて1万8千時間、
数年前から1日1時間にしました。

 

ザックリでも
計算が合いますよね。

 

ぜひ、あなたも
5千時間の鑑定を
目指してみてください。

 

 

 

直観は論理的に説明ができるが 直感は論理的に説明ができない

----------------------
直観は論理的に説明ができるが
直感は論理的に説明ができない
----------------------

 

カードを引いても
なかなかピンときません。
直感を磨く方法はありますか?

 

といった質問がありました。

 

直感とは別に、
直観という言葉もあります。

 

似ていますが少し違います。

 

まず「直感」は無意識ですが、
それに対して「直観」には
意識が存在します。

 

直観は「ひらめき」とも言います。

 

直感は、感覚的に物事を感じ取る
いわゆる「勘」という意味です。

 

「直観」は本能とは異なる
無意識の判断です。

 

そおの判断材料は
経験による記憶です。

 

直観(ひらめき)は、
論理的で結果が予測できるもの。

 

そして結果も、
論理的に説明ができる。

 

しかし直感は、
論理的な説明ができない判断です。

 

例えば人間の幼児は、
ヘビや蜘蛛を見ると、
直感的に嫌悪感が走ります。

 

害があることを知らなくても
本能的に嫌うのです。

 

そういう不思議な部分が
直感なのです。

 

僕たち人間は
文章によって伝達しますよね。

 

その文章は、
主語と述語と修飾語の
組み合わせで成立します。

 

国語を習い始めたころは
「直観」を使って文章ルールに従います。

 

しかし人間は、
主語や述語を意識せずに、
文章を書くことができるのです。

 

「なんとなく」不自然な文章に
違和感を味わうのです。

 

この「何となく」が直感です。

 

文章のどこが変化という
推理や思考では、
直感を使うことになります。

 

直観は論理的に説明ができるが、
直感は論理的に説明ができない。

 

直観は速いスピードで頭に浮かび、
直感は意識に上がってこないもの。

 

直観は記憶から処理されるが、
直感は無意識に処理されます。

 

直感には
本能で感じ通る領域もあるが、
直観は寝ることでひらめきます。

 

しんやどうしてもアイデアが出ないが
朝起きて取り組むと一発で解決できたりします。

 

この現象は
睡眠によって記憶が整理されるからです。

 

寝て起きたら直観がひらめく
これは科学的にも裏付けがあります。

 

時間を掛けて考えても
意味がないのです。

 

寝る前に情報を仕入れて
しっかり睡眠を取ること。

 

これが、直観を鍛える方法です。

 

さらに、起きるとき
目覚ましをかけないで
ピッタリの時間に目を覚ましてみます。

 

この便利な体内時計は
意識して鍛錬出来るのです。

 

日頃から、
数字を意識するのです。

 

「今何時?」
「恐らく何分」
「ほらね、ぴったり」

 

毎日、体重計に乗ります。

 

「今日は何キロ!」
「ほらね、ぴったり」

 

体温を測るときも

「おそらく何度何分」
「ぴったり!」

 

パスタをゆでるとき、
タイマーをセットしません。

 

そして
丁度良いアルデンテを
茹でることができます。

 

スマホゲームをする際にも
次のスコアを勘で当てます。

 

このように
勘を鍛えるのです。

 

勘を鍛えると、
感性が磨かれるからです。

 

感情を磨くには
売れている占い師と合うこと。