人の縁は、すべて 潜在意識によって生まれる

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
人の縁は、すべて
潜在意識によって生まれる
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

人の縁は、すべて
潜在意識によって生まれる

と考えています。

 

潜在意識よりも、
さらに奥深い意識があって、

その場所を
ユングという心理学者は

集合的無意識
といいました。

 

集合的無意識
不思議な力をもたらします。

 

共時性」や「シンクロニシティ
といわれる現象がそれです。

 

ふらっと入った街の本屋で、
ずっと探していた本が見つかった。

 

数年も会っていない人を
ふと頭に思い浮かべたとき、
その人から電話が掛かってきた。

 

そんなこと、ありますよね。

 

占い師にとっては、
そんなの日常茶飯事なんです。

 

といっても、

思い浮かべたことすべてが、
偶然の一致を引き起こす
わけではありません。

 

なにかしらのきっかけで、
潜在意識に刻まれた想いだけが
引き起こす現象なんです。

 

「求めよ、されば与えられん」

という言葉があります。

 

たしかに、思いの強さ、
「念」のような不思議な力が働いて
偶然を引き寄せる、ともいえます。

 

ですが、現実的に考えても、
そこには根拠があるんです。

 

たとえば仕事で、
どうしても今週中に調べて
書かなければいけない
レポートがあったとします。

 

すると、
その分野に意識が集中します。

 

そして本屋に入る。

あるいはネットで検索する。

 

この時、

自分では気づかないうちに、
知っている関連キーワードを
総動員して探しているわけです。

 

アンテナを最大限に
伸ばすイメージです。

 

インターネットで情報を探す時、
ひとつの単語だけで検索すると、
膨大な量のサイトが引っかかります。

 

何万とある候補の中から、
目的のサイトに絞り込むのは
気が遠くなる作業です。

 

そこで、

もっと検索を絞り込むために、
2つ、3つとキーワードを増やす。

 

すると、たいていは
数十件くらいまで絞り込めます。

 

ここまでくると、
目的に合った情報を取り出すことは
そんなに難しくありません。

 

不思議な現象である「偶然の一致」

これと似ています。

 

ひとつの分野、
狭い範囲に意識を集中させることで
余計な情報を取り払います。

 

すると、
今まで膨大な情報に埋もれていた
探し物が姿を見せるという仕組み。

 

つまり占いは、
その偶然性を意図的に引き起こす
道具なんです。

 

占いの結果は、
膨大な量の中から
厳選された情報なのです。

 

さらにいえば、
「自分を変えるため」の
答えを含んだ情報です。

 

その情報を活用することは、
集合的無意識を働かせること
だともいえます。

 

つまり、きわめて確率の高い
「偶然の一致」を引き寄せる
有効な手段です。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

神秘学や運命学もそうですが 占いは五行で「水」になります

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
神秘学や運命学もそうですが
占いは五行で「水」になります
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

占いは「秘密」という
エッセンスがあります。

 

隠された部分を
あらわする学問だからです。

 

神秘学や運命学もそうですが
五行では「水」になります。

 

反対に「占い師」は
「火」に該当します。

 

水と火は、正反対の性質なので
ちょっと不思議ですよね。

 

占いという秘密「水」を
明らかにする「火」人が占い師。

 

そう考えれば、
つじつまは合いませんか?

 

「占い師」と「占い」は、

互いに反対の役割を持ちながら、
密接なつながりにある関係です。

 

人の心には

「変わりやすい部分」と
「変わりにくい部分」
があります。

 

まるで玉ねぎのように、
いくつもの層が重なっている。

 

一番中心となる「芯」の部分は、
「性質」や「本質」に該当します。

 

基本的にそれは
変わることはありません。

 

生まれ持った性質であり、
最初に作られた人格です。

 

で、

真ん中の「実」の部分は、
態度とか習慣です。

 

これは努力次第で
変えることができます。

 

そして、

外側「皮」にあたる部分が
行動や価値観とか感情。

 

ここがもっとも
変わりやすい部分です。

 

「皮」は常に
外部にさらされますよね。

 

それだけに、
外からの影響も受けやすい。

 

ですから、

読んだ本や見た映画、
人の言葉に刺激されて
変化するわけです。

 

占いは

「実」と「皮」の部分にアクセスし
現在の心理状態を導き出します。

 

ですが、占いには

コーチングやカウンセリングと
決定的に違うところがあります。

 

心理学ベースのコーチングや
カウンセリングが対象にするのは
「玉ねぎ」という個体のみ。

 

ですが占いは、
さらにその奥にアクセスします。

 

それは、
玉ねぎの土台である「根」の部分。

 

さらにいえば、

植わっている「土そのもの」も
利用するわけです。

 

人の本質よりもっと深いレベルは、

ユングの言葉をかりていえば
集合的無意識」の領域です。

 

外側の部分を変えると、
次第に2層目も変わってきます。

 

そして、

その意思のちからが、
「根」や「土」にまで波及した時、
不思議なことが起き始めるんです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

問題を解決する方法やヒントは 自分の心にすでに用意されている

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
問題を解決する方法やヒントは
自分の心にすでに用意されている
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

占い師とは、

人の悩みに対して
答えを導き出す職業です。

 

占い師が照らし出すのは、
人の心です。

 

すごく深くて
見えにくい部分があって、

それを「潜在意識」と
呼んでいます。

 

記憶の片隅、心の奥底、無意識、、、

など、
いろんな呼び方をされる潜在意識。

 

普段、あまり自覚することのない
深い部分の心理です。

 

コーチング」ってご存じですか?

 

何年か前にブームになって
書籍もたくさん出版されましたね。

 

簡単にいうと

相談者と対話をすることで
ポジティブなイメージを引き出し、
その人が本来持っている能力を
目覚めさせるテクニックです。

 

では、どこから
本来の力を引き出すのか。

 

その力が眠っている場所が
「潜在意識」というわけです。

 

つまり、

問題を解決する方法やヒントは、
自分の心にすでに用意されている

という考え方です。

 

ステレオタイプの助言ではない、
「自分の中」から出す答えなので、
実際の効果も絶大です。

 

とはいっても、
人の心は複雑なもの。

 

心の中に眠る「答え」なんて、
そう簡単には発見できません。

 

そもそも、人が直面する問題って
それほど難しいものなのか?

 

あれほど悩んで苦しんだのに
過ぎ去ってみれば
なぜそんなに悩んだのか。

 

こう思うのは、

人が「難しく考える癖」を
持っているためなんです。

 

冷静になって考えてみれば
とても簡単なこと。

 

でも渦中にいるときは、
なぜかそれがわからない。

 

その原因ともいえるのが
「固定概念」や「先入観」
そして「感情」です。

 

大小の差はありますが、
誰でも持っているものです。

 

それが「答えのありか」である
潜在意識にモヤをかけて
見えにくくしているんですね。

 

コーティングはその濃い霧を、
対話によって取り払ったり、
その方法を教えたりします。

 

そうして、

目標を達成するための「答え」まで
導くというわけです。

 

相談者の潜在意識を、
直接カードで表現するタロットも、
コーティングと似ています。

 

普段は隠れて見えない
自分の潜在意識を
カードから読み取る。

 

場合によっては、
その障害となっている
コンプレックスや先入観までもが
浮き彫りになります。

 

そして、自分の心理が
周囲に及ぼす影響を知ることで、
打開策が見えてくる。

 

それにはコーチングと同じく
相談者との対話が不可欠です。

 

その行程は「当てる」というよりも
一緒に「見つけ出す」感覚に近い。

 

占い師と相談者の
共同作業といったところです。

 

願望をかなえるための答え。

 

それは、すでに
自分の心にある宝物のような存在。

 

それを占い師と一緒に探すのが、
占いの醍醐味です。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

タロットは結果が変わりやすく 新たな可能性を見出す占い道具

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
タロットは結果が変わりやすく
新たな可能性を見出す占い道具
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

占い師は
人間の心を扱う仕事です。

 

とくにタロットは
結果が変わりやすい占いです。

 

つまり、逆に言うと
「新たな可能性を見出す道具」
とも表現できます。

 

外からの塚らが加わらなければ
直接的な軌道を描いて時間軸を進む

それが「心」です。

 

しかし逆に言えば、

途中で力が加わると
心の流れなんて
簡単に変わってしまいます。

 

変化する心にフォーカスするから
結果も変わりやすい。

 

人間は変化します。

 

環境や事件によって、
考え方や価値観が
ガラッと変わるのです。

 

とくに未熟な人は
頻繁に心が揺れ動きます。

 

変化すること、それは
新たな可能性の前触れ。

 

今までとは違う、
まだ見ぬ新しい展開。

 

そのキッカケとなるのが
変化を求める心です。

 

では「途中で加わる力」とは
なんでしょうか。

 

それは

出会った人や、
見聞きする情報がもつ力です。

 

他人の言葉や情報が、
心理面に影響するわけです。

 

受け取った情報が
印象的であればあるほど、
心の方向は大きく変わります。

 

占い師から聞く言葉も
そのひとつ。

 

占い結果について、
説明やアドバイスをするのは
カードが出てしまった後です。

 

ですから、

出たカードには
占い師の話を聞く前の
心理状態が反映されています。

 

過去・現在・未来と
時間軸に添ったタロットは、
まさに心の軌道予想図。

 

つまり、

占い師の解説を聞いたあと
結果は変わり始めるわけです。

 

占い師の語る言葉が
印象的だった場合、
その変化は顕著です。

 

未来に怒る出来事の
吉凶を知ることが目的なら、

タロットはその正確さに
欠けるかもしれません。

 

なにしろ心理を軸にした
占いですからね。

 

ですが、

最初から「変化させること」が
目的だとしたらどうでしょう。

 

タロットは占われる人の心を、
正確に映し出します。

 

占い師はその意味を
インスピレーションで
読み解いていくわけです。

 

結果としてでたカードには、

ポジティブな気持ちが
如実に表れています。

 

そして、

自覚のある心理と
自覚のない心理の

両方が映し出されます。

 

自分の心の中にあって
自分でも気付かない部分

いわゆる「潜在意識」です。

 

自分が一番よく知っている
と思いがちな「自分の心」

 

でも実は
一番良く見えない死角です。

 

それを邪魔しているのが
思い込みです。

 

「自分はちゃんとやっている」
「わたしには非なんてない」

 

このようなバイアス(偏見)が、
自分自身の心の奥にある心理を
見えなくさせているわけです。

 

なかなか自分では
確認しにくい部分なんです。

 

自分の背中は
自分では見えないでしょ。

 

どうしても背中を見たいときは
「鏡」を使いますようね。

 

タロットも
それと同じです。

 

自分でみえない
深層心理だからこそ

タロットという神秘的な鏡の力を
借りるわけです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

単なる「当てモノ」を超えた 本来の占いの使い方とは?

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
単なる「当てモノ」を超えた
本来の占いの使い方とは?
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

世間で占いといえば、

「当たる」「ハズレる」
それが話題の中心になりますよね。

 

ウェブサイトでも
「当たる占い」というキーワードが
検索の上位を占めています。

 

つまり、占いが、
いわゆる「当てモノ」として
求められているという現実です。

 

これでは、まるで
遊園地のアトラクションと
さほど変わらないですよね。

 

でも、それだけでは
もったいないと思うんです。

 

なぜかというと、
当たってもハスレても
開運にはつながらないから。

 

本来、占いで出た結果は、
すべて開運に使える材料です。

 

真理状態を映し出す鏡
と言われるタロットは、

そもそも吉凶よりも、
開運に重点を置いた占いです。

 

心理的な障害を取り除く、

それがトリガー「引き金」となって
開運するわけです。

 

現に海外のタロットの書籍は、
占い方よりも心理学的アプローチが
中心となっています。

 

著者も心理学者がほとんど。

 

これもタロットが、
心理カウンセリングの道具として
有効である証明ですね。

 

自分は今、どう考え、
どう行動しようとしているのか?

 

なぜ、そう思うの?

 

その想いが未来の結果に
どう反映するの?

 

願う結果にたどり着くために
どう考え、どう行動すればいい?

 

これが、

単なる「当てモノ」を超えた
本来の占いの使い方なんです。

 

ぼくは東洋占が専門ですが
タロットも教えています。

 

まずは
タロットの仕組みと歴史を知り、

第アルカナ22枚の
簡単な覚え方を教えます。

 

それと、

あえて小アルカナを覚えないで
大アルカナの「薄め液」として
小アルカナを使う技を教えます。

 

小アルカナは
四元素の原理だけ理ればOK!

 

大事なのは

好きなカードや気になるカードが
何枚目に出てきたか、

そして正位置と逆位置の比率。

 

こういった実践的なエッセンスと
日常生活で役立つリーディング術を
実践的に学んでもらいます。

 

ゆっくり、丁寧に進めますので、
絶対に挫折者が出ません。

 

それが卜の
タロット講座の特徴です。

 

当たる占いではなく
開運する占い法

それを学ぶことで
わずか数ヶ月でプロの占い師として
活躍できるわけです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

人はなぜ、オカルトや宗教のような いかがわしい世界に惹かれるのか

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
人はなぜ、オカルトや宗教のような
いかがわしい世界に惹かれるのか
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

人は神秘的な光景を見ると、

自然と「精霊」とか「神」を
連想してしまう心があります。

 

でも考えてみると、

「神」や「精霊」を想像することで、
現実に生きる自分の存在や
意味を確かめようとしている
ようにも思えます。

 

占い・都市伝説といったオカルトは
いつの時代でもウケがいいです。

 

現実を生きる僕たちが、

なぜオカルトのような
いかがわしい世界に惹かれるのか

考えてみたいと思います。

 

そもそも

オカルトや神秘学って、
なんなのでしょう。

 

非現実的で、
妄想癖の強い人たちの趣味。

 

まったく関係のないものを
結びつけて考える幼稚な考え。

 

さらにいうと、中二病w。

 

でも、言い方を変えると
「連想の科学」とも言えます。

 

オカルト的な考え方があるからこそ
占いの技術は発展したといっても
いいのかもしれません。

 

オカルトは占い師だけでなく、

カール・グスタフユングなど
心理学者の心をとらえてきました。

 

心理学の分野では
「呪術的思考」とも呼ばれていて、

精神的に未熟な人の
典型的な考え方とされています。

 

つまり「子供っぽい」という
マイナスのイメージですよね。

 

しかし、

それをあえて
逆説的に見ましょう。

 

つまり

果たして大人は
精神的に熟成しているのか、


と。

 

絶望的な現実を目にしたとき、
往々にして人は、

起こった信じられない現実を
どう解決してよいかわからず、
混乱してしまいます。

 

そうして、
思い込みや妄想という
非現実的な世界に逃げ込みます。

 

あるいは、趣味に走ったりします。

 

そういった意味では
大人になっても子供と同じで、
まだ精神的に未熟。

 

その妄想の世界にルールがなければ
際限なく仮想世界を漂って、
精神を病んでしまう。

 

そこで「偶然」起こった現象に、
なにかしら共通する事象を見出して
関連付けて「ルール」をつくる。

 

そうすることで、

「これが自分の使命なんだ」
「自分は間違ってなかったんだ」
「自分みたいな人間も変わるんだ」

と、ある種の安心感を
与えるわけです。

 

20世紀最大のオカルティスト
アレイスター・クロウリー
こんな言葉を残しています。

 

「世界は、まるで鏡のようなもの。
世界を変えるには自分を変えるしかない」

 

クロウリーは高名な魔術師です。

 

魔術師はいわば、
精神世界の研究者であり、
達人ともいえる存在です。

 

そんな精神世界の達人にしては、
意外にも現実的な言葉ですよね。

 

オカルトを研究しつくした彼には
確認があったのではないでしょうか。

 

たしかにオカルトは、
壮大なロマンや夢物語で、
妄想の産物なのかもしれない。

 

でもその前に

「人間とはいったいなんであるか」

これを、

心理学とか哲学とは
また違った方法で読み解こうとする
人間学」なのかもしれない、

と思うわけです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

神道と占いの共通点、 それは「結ぶ力」です

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
神道と占いの共通点、
それは「結ぶ力」です
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

さて、

神道と占いの共通点、
それは「結ぶ力」です。

 

結婚や就職、紹介、営業、、、
これを一言でいうと「縁」です。

 

神社に参拝するのも
占いに行くのも

縁を求めているから。

 

そして、

占い師と相談者の間にも
縁が存在します。

 

四柱推命」や「西洋占星術」など
生年月日と時間を使う占いを
命術(めいじゅつ)といいます。

 

それは、

性格や適性・過去・相性、
人生全般の運気を導き出します。

 

生まれてから20年後、30年後、
もっと先の未来まで占えます。

 

さらに占いには
卜術(ぼくじゅつ)という
ジャンルもあります。

 

タロットや易などが
それにあたります。

 

偶然出たカードやサイコロの目で
結果を導き出す占いです。

 

時には、
ふと思い浮かんだ「数字」を
使うこともあります。

 

命術との大きな違いは、
占える期間が短いこと。

 

廷々は1~2年先までが限界です。

 

命術の代表格である占星術には
「ホラリー法」といった
特殊な方法が存在します。

 

「占おう!」
と思った年月日時で盤を作り、
それで判断する方法です。

 

占星術は命盤ですが、
この方法は卜術に
該当するんです。

 

タロットや易と同じで、
占える期間は1~2年です。

 

たまたま、占おう!と思った、
その偶然性を利用するわけですね。

 

恋愛、仕事、金運だけでなく
裁判のゆくえとか失くしものなど
幅広く占えるので良く使います。

 

同じ占星術でも
もとになるデータが
生まれた年月日時か、
占おうと思った年月日時かで、
ジャンルが変わってくるのです。

 

でもよく考えてみると、
生まれてきた年月日あ時間は、
計画的に決めたわけではない。

 

出産には予定日もありますが、
遅れたり早まったりもします。

 

つまり、

実際に生まれてくる年月日や時間は
「神のみぞ知る」ところです。

 

四柱推命」では、
27万通りの命があります。

 

つまり、

27万分の1の確率を狙って
生まれてきているわけです。

 

なぜ

その年その月その日その時間に
生まれてきたのか、

 

これなども、
偶然がいくつも重なった結果。

 

人の一生のうちで、
無数にある偶然の瞬間。

 

「たまたま占おうと思った」
「たまたま恋人と出会った」
「たまたま結婚した」
「たまたま妊娠した」

 

そして

たまたまこの世に生まれ落ちた」

これって「姓名の誕生」という、
一生に一回の大きな偶然なのです。

 

そこに、人生次第の
シンクロニシティが働くんです。

 

占おうと思った瞬間程度の偶然では
せいぜい1~2年程度の期間。

 

占いテーマも
保戸津に絞る必要があります。

 

それに対して
「生まれ落ちた偶然」は、
一生分の運勢と因縁を占えます。

 

テーマも選びません。

 

そういった意味で命術は
「壮大な規模の卜術」
と言えるかもしれませんね。

 

生まれてくるのも偶然。
出会うのも偶然。
死ぬのも偶然。

 

そして、

占い館を訪れて
選んだ占い師に占ってもらうのも、
また偶然。

 

たまたま住んだ近所の神社の神さまと
何かしら縁がある。

 

そこには絶妙な、
シンクロニシティが働いて

そして必ず、
神妙な意味が
隠されているんです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain