「間違ったこと」を咎めずに 「なぜそうしたのか」を確認する

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「間違ったこと」を咎めずに
「なぜそうしたのか」を確認する
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

陰陽五行は
生活の中でも「飲食」について
深い考察があります。

 

成長の過程で、もっとも影響を
受けやすいのが幼少期ですよね。

 

なかでも

「食」を始めとする親の価値観は
子どもに直接影響を与えます。

 

ひいては

大人になってからの美意識に
反映されるたいせつな要素です。

 

ある意味で「子は親の鏡」

 

つまり、

子どものとる行動には、
親自身の体験が投影される

というわけです。

 

偉そうなことを書きましたが、

「じゃあ、
あなた自身はどうなんですか?」

という声も
聞こえてきそうですね。

 

僕には娘がいます。

 

娘と接するときに
気を付けていること、

 

それは、なるべく

「他人と接する」ように
振る舞うことです。

 

なぜ、
そんな態度をつる必要があるのか。

 

疑問に思われる方も
多いかもしれません。

 

実は、

僕の両親は、ともに
お弟子さんに指導する
立場にいました。

 

弟子に指摘するときは遠慮などなく
その内容も、じつに的確。

 

それだけに、
弟子からの信頼も厚かった。

 

けれど、
息子には甘かったのです。

 

自分の子どもであれば
「情」が強くなるのは当然です。

 

ふだん弟子に
厳しく指導する立場と違って、

プライベートでは
身内に甘くなってしまうもの。

 

でも、ぼくは

自分の子どもにも
他人と同じ教育を出来る。


それが、理想的だと
感じたのです。

 

冒頭で
「子は親の鏡」と書きました。

 

多分に漏れず、ぼくも
かつての両親と同じように

娘にも甘く接しているはず。

 

だからこそ、意識的に
他人と接するようにし
自分を促すようにしているのです。

 

ぼくは娘に対して、
ああしろ、こうしろ
とは言いません。

 

まず、
本人のやりたいことを尊重し
そして行動を見守ります。

 

例え間違ったことをしていても
娘なりの理由があるなら
受け入れます。

 

そこには娘個人の
意識や哲学がありますからね。

 

「間違ったこと」を
咎めるのではなく、

「どうして、
そういう行動をとったか」

を確認する。

 

ここが大事なんです。

 

もちろん、

まわりに流されたとか
勢いでやってしまったときには、

遠慮なく厳しく?ります。

 

なぜなら、

その行動に「理由」がないからです。

 

勉強に関しても

「もっと勉強しなさい!」
と強要などしません。

 

ただ、勉強は

「出来ておくように」
とは言います。

 

勉強ができずに、
惨めな思いをするのは
本人ですからね。

 

でも、それは
自分で選ぶこと。

 

あくまで、
1人の人間として、

彼女の自主性を
尊重するわけです。

 

ここまで書いておいて
変かもしれませんが、

僕は、

自分の子育てが
正しい方法とは思いません。

 

子育ての方法は、
人それぞれですからね。

 

ただ、

子どもが自立するように、
自分で好きな道を選ぶように

それだけを願っています。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

この世にある音楽すべて聴き 写真を毎日撮ると感性が磨かれる

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
この世にある音楽すべて聴き
写真を毎日撮ると感性が磨かれる
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

いつまでも
健康でいたいですよね。

 

いつまでも
綺麗でいたいですよね。

 

ぼくは、うつくしいもの
可愛らしいものが大好き。

 

音楽も映画も、
キレイな映像やメロディが好き。

 

洋服も小物も
キッチュで可憐なものが好き。

 

だから占いも好きなんですが、
自分のメンテナンスも
しっかりやっています。

 

こどものころから
近所の野菜いお姉さんたち
よく遊んでいました。

 

あんまり男の子と遊びには
夢中にならなかったですね。

 

泥だらけになったり
擦り傷を作ったりするより

きれいなモチーフや
キッチュな言葉が好きでした。

 

妹の友達が来て
よく遊びましたので、
少年漫画より少女漫画を
好んで愛読しましてあ。

 

雑誌の付録に占いの特集があって
そこでトランプや
おまじないを知りました。

 

おかげで女子には受けましたが、
男友達からは嘲笑され、
よくイジメられましたね。

 

「このままではいけない」

と思い立って、
小学4年生の時に
剣道を始めたわけです。

 

誰かの助言などではなく
自分の意思で決めました。

 

喧嘩もいくぶん強くなって、
バイクにも乗るようになり
やや不良っぽい高校時代でした。

 

でも、一番の趣味は
マイナーな音楽と映画でしたね。

 

パンクロックやグラムロックから
フリージャズまで聴きました。

 

サイケやプログレッシブな音楽に
心を奪われました。

 

元々美容に関心が高く、
28歳のころから都内で
エステサロンを経営しました。

 

しかし、この業界、
どんどん進化するんですよ。

 

年をとっても美しくいるには
身体の健康が必須です。

 

美容をやめて古着屋になり、
肉体労働もそこそこしたので
身体は引き締まりました。

 

しかし占い師になってからは
ほとんど座っていますから、
身体がナマッテしまいます。

 

5年でじわじわと10キロ太って
40歳を過ぎたことから
まったく痩せなくなりました。

 

「これではいかん!」

ということで2年前から
パーソナルトレーナーを付けて
身体を鍛えるようになりました。

 

プロの助言をもとに
しっかり体感を鍛えたので
おかげで少し?せました。

 

美味しいものだけ食べて
好きな仕事だけやって

すてきな音楽だけ聴いて
いけてる映画だけを観て

おしゃれな服を着て
いかした街をぶらぶら散歩する。

 

これが僕の幸せ。

 

そんな幸せの為に
普段から食事と睡眠に
気を使っているわけです。

 

これからも
ずっと美しく生きていたい。

 

あなたも
そう思いますよね。

 

美しさとは
外見だけではありませんよ。

 

内面の美しさだって
とても重要です。

 

その為には
感性を磨くことです。

 

「感性って
どうやって磨くんですか?」

 

まずは、写真を撮ることです。
写真を撮ると感性が磨かれます。

 

そして音楽を聴く。

 

ジャンルを偏らせず
この世にある音楽すべて聴く。

 

そのくらいの気持ちで
音楽に関心を持つことです。

 

金運上げたいですよね!
健康運も恋愛運も!

 

ぜんぶ爆上げしたいですよね。

 

それには、
感性を磨くことです。

 

色彩や構図に敏感になって
知識欲求を満たしましょう。

 

歴史、哲学、宗教、音楽、美術など
人間が生む戦争と平和の法則。

そういうものに
強く関心を持つと良いです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

ストレスや誤解のない 自然な人間関係を築くためには

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
ストレスや誤解のない
自然な人間関係を築くためには
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

ほくは、常々

「ストレスや誤解のない
自然な人間関係を築こう」

と思っています。

 

でも、

ストレスとか誤解って
なかなか無くならないですよね。

 

なぜなら、

誤解したがる人や
猜疑心の強い人たちが
世間には一定数いるからです。

 

いい関係を続けるためには、
相手のことを先に考える
「感じのいいひと」になる。

 

ただし、

じぶんが感じのいい人になると、
ひとつだけデメリットがあります。

 

失うものもあるんです。

 

それが、

「感じの悪い人との縁」です。

 

もし、あなたが

「感じの悪い友人とも
ずっと縁を切りたくない」

と思っているのなら、
感じのいい人になるのは
リスキーですよね。

 

ただ、僕は

「感じの悪い人とは
なるべく縁を切りたい」

と思っていますので、

もっと感じのいい人になろうと
意識するわけです。

 

相手の気持ちやニーズを察するのは
能力やセンスの問題だと
思われがちです。

 

たしかに、

意識せずに相手の特徴を読める
天性の才能の持ち主もいます。

 

では、才能がない人は、
諦めるしかないのか?

 

ご安心ください。

 

そんなことございません。

 

だれだって
感じのいい人になれます。

 

とはいえ

好き嫌いや考え方が、
ひとによって千差万別なのも事実。

 

たとえ似た考え方を持っていても
まったく同じ志向の人はいません。

 

性格のタイプをパターン化して
タイプ別にマニュアル化させて接する
そんな試みもあります。

 

けれど、

そんな器用なことができるのなら
はじめから人間関係に悩まない。

 

例えば、

紫微斗数という占いで見ても

24万8千通りの人格があります。

 

大まかに見ても

144通りのタイプに
別れるわけです。

 

ですから、

 たにんはそもそも
 自分とは違った考えを持つ存在

と、念頭に置くだけでじゅうぶんです。

 

相手を理解するためには、
それなりの姿勢が必要になります。

 

もちろん、

府に来やもちもの、言葉の使い方から
人の好みを察する人もいます。

 

でも

それこそ才能のなせるワザであり、
いわゆる洞察力が高い人。

 

僕が提案したいのは、
そんなに難しいことじゃない。

 

それが

「相手に質問をする」

これだけで、構いません。

 

洞察力がないなら、
直接相手に聞けばいい。

 

ただし、

相手にとって
感じのより質問の方法であること

というのが原則です。

 

そうして、はじめて

相手が好むことや嫌いなことを
認知できる訳です。

 

そこでようやく、

自分の意見を伝える下地が
整うわけです。

 

さて、

ここまでの一連の行動は
「相手」が主体になっています。

 

「自分」がどう見られるかを
気にする余地がないわけです。

 

しかるべきステップを踏めば、
誰にでも相手の気持ちを
察することができるんです。

 

あくまで、

察しようとする姿勢が
重要なのです。

 

相手にフォーカスし、
ニーズや指向性を把握するのは、
能力やセンスだけじゃありません。

 

「相手の本音を知りたい」

という気持ちがあって、はじめて
おのずと「いい感じ」の印象を
与える素地が生まれるのです。

 

とてもシンプルですよね。

 

つまり、感じのいい人とは、

人間関係を難しく考えない人
なのです。

 

お互い気が合うと判断すれば、
長いお付き合いになっていく。

 

あまり会わないと判断すれば、
気持ちよく別れる。

 

好感を持てる人間関係を大切にし
誰からでも好かれようとしない。

 

だから、ストレスも無いし
不自然さも感じない。

 

そもそも人は本来、

他人のことに
それほど関心を持っていません。

 

乱暴な言い方ですが、

すべての人間がみんな
自分のことにしか興味がない。

 

なので、

興味を示してくれる人には
ほぼ好感を持つのです。

 

自分ではなく、
相手にフォーカスする。


そうすることで、

「感じのいい人だなぁ」と
自然に思ってもらえるんです。

 

良い人と思われたい気持ちを
捨てるだけでいいんです。

 

そして相手に関心を持つ。

 

すると、
より豊かな人間関係になる。

 

こういう方程式です。

 

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

いますぐ「いいひと」をやめて 感じのいい人になりましょう

さて、

一般的に「いいひと」と
呼ばれる人たち。

 

それは、実は
「いい人と思われたい人」
だったりする。。。

 

結局「いいひと」って

相手のことよりも
自分のことを優先して考えるタイプ

なのかもしれないですね。

 

しかしながら一般的には
真逆のイメージを持たれています。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
いますぐ「いいひと」をやめて
感じのいい人になりましょう
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

自分のことを後回しにして、
相手のことを考える人、

それが

一般的な「いいひと」のイメージ
となっていたりしませんか?

 

けれども実際、

一般的に認識される「いいひと」が
実は苦しんでいる。

という現実があるんです。

 

だからこそ、ぼくは
「いい人なんてやめようぜ!」
という提案をするんです。

 

いわゆる「いいひと」ではなく

「感じのいい人になろう」
と提案します。

 

この両者、

いっけん似ていますが、
じつはまったく逆なんですね。

 

言葉は似ているんだけど、
決定的な違いがあります。

 

周りにいる「感じのいい人」を
想像してみてください。

 

感じのいい人と接していて、
気持ち良くなりませんか?

 

「この人とまた会いたい」
「もっと話してみたい」

 

そんな気持ちになりませんか?

 

感じのいい人は、

常に相手の立場や気持ちを
考えているんです。

 

「自分がどう思われるか」
ではなく、

「相手はどう感じるか?」
と考えながら
人と接するわけです。

 

「正しく相手に伝わったか?」

と、常に
相手を優先して考えるのが
感じのいい人の特徴です。

 

実際、自分がどう思われるかなんて
どうでもいいことなんです。

 

謙虚なんだけれど、
けして媚びてはいけない。

 

相手を立てることができて、
感想や意見を求めながら話す。

 

伝えたいことをキチンと伝え、
納得のいかないことは
とことん話し合う。

 

こうした姿勢で
人と接するわけです。

 

仮に主張するときでも、

相手が不快に思う発言は
なるたけ避けます。

 

言葉と言うのは、
相手に「正しく伝える」ためにある
という基本を知っている。

 

だから、

相手に理解してもらえる言葉を
選ぶよう心掛けているんです。

 

こうした配慮と潔い姿勢が
「感じのいい人だなぁ」
という印象を与えるわけです。

 

感じのいい人は、

「相手が損をするようなことは
できるだけ避けよう」

という意識を持っています。

 

そして、

相手にも利益になることを
いつも考えています。

 

相手の為になると思うならば、
自分がどう思われようと
気にしたりしない。

 

だから、本音で話ができる。

 

その結果、

ますます信頼を得るので
まわりに人が集まってくる。

 

人が集まれば
熱い情報が入ってきます。

 

いい仕事が回ってきたりして、
さらに良質な縁がつながります。

 

他人を想った言動が、
そのまま自分に返ってくる。

 

ただ、それだけのこと。

 

仏教では
「因果応報」と呼んできます。

 

ようは、それを
感覚的に常用しているのが
「感じのいい人」
というわけですよね。

 

屈託のない人
スマートな人
竹を割ったような人
さりげなく気が利く人

 

そういう形容もできます。

 

さて、

じぶんもそんな
感じのいい人になりたい

と思いますよね。

 

感じが良くなる方法、
それが分かるんです。

 

そう、
紫微斗数です。

 

紫微斗数の命盤には
自分の長所と欠点が
わかりやすく示されています。

 

まず、それを知って、
対処するんです。

 

自分が、どういう人間かは
命盤をみれば一発で分かります。

 

あとは、

深く読み取れる専門家に
アドバイスをもらえばいいのです。

 

ぜひ「いいひと」をやめて
感じのいい人になりましょう。

 

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

「良い人」は正論しか言わない 例え本心は違っていても

接する人にも、
いろんなタイプがいます。

 

相手との相性が合えば
もちろん楽です。

 

だけど、

感じが悪い相手だったら
かなりつらいですよね。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「良い人」は正論しか言わない
例え本心は違っていても
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

され、ところで
あなたは「良い人」ですか・

 

僕はコアな弟子たちに
「良い人にだけはならないように」
と教えています。

 

この価値観は
今に始まったわけではなく、

すでに10代のころから
固まっていましたので、

部活やバイトの後輩にも
その意義を教えていました。

 

「あの人って、いい人だよね」

よく耳にする言葉です。

 

この言葉の本当の意味は、

「良い人なんだけどね、、、残念」

というニュアンスなのです。

 

じゃあ、
良い人がどうかって

相手の何を見て
判断しているのでしょう。

 

ポイントは「表現のスタンス」

 

「この人、良い人だな」
と感じるたいていの場合、

当の本人は

「良い人だと思われたい」
「嫌われたくない」

と思っていることが多いんです。

 

だから「良い人」は
正論しか言わなかったりします。

 

例え本心は違っていても。。。

 

これは、

相手から否定されたり、
批判を怖れる心理が強いためです。

 

自分の本質を抑え
相手に合わせることで

自分も相手も
傷つかずに済むでしょう。

 

つまり「無外の人」
というわけです。

 

逆に、相手を立てない
というのも

その動機が
「良い人だと思われたい」
という欲求だからです。

 

これはですね、

相手よりも
自分にフォーカスしているから
起こる感情なのです。

 

なので、

相手の話よりも
自分が言いたいことを
優先してしまう。

 

あるいは、

自分の意見を遠慮して
相手に合わせて作り笑いをする。

 

そういう人は

「自分の意見が無い人」
「八方美人なひと」

という印象を
与えてしまいがちです。

 

そうした印象が強くなると

「もしかして、陰で私の
陰口を言っているのかも?」

「調子の良いことを
行っているだけかも」

なんて邪推されてしまうんです。

 

というか、実際「良い人」って
陰口をよく言っています。

 

人って「欠点がない」存在に、
不信感を抱くものだからです。

 

「良い人」に思われたい
という意識とは裏腹に、

まわりからは信用されず
軽く見られてしまうわけです。

 

「理解されたい」と願うあまり、
誤解を生んでしまうなんて
皮肉ですよね。

 

「良い人」には
こうしたデメリットがあるわけです。

 

逆に、

「良い人」と思われるのをやめて
カリスマ性を誇張した方が
占い師を成功しやすいのです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

自分を評価してもらうには 相手の要求に答えることが近道

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
自分を評価してもらうには
相手の要求に答えることが近道
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

日本は上下関係に厳しい国
といわれています。

 

上司に対する「口のきき方」にも、
何かとうるさい。

 

はるか昔より、徹底した
順位付けを意識してきた日本人。

 

複雑な敬語を使う日本人は
上下関係には慣れている。

 

けれど、現代になって、
徐々にその感覚が希薄になりました。

 

上下間のコミュニケーションって、
けっこうハイレベルなんです。

 

まぁ、当然ですよね。

 

「気遣い」をする必要が
あるわけですから。

 

友人や同僚なら、
さほど気も遣わない。

 

多少は必要でしょうが、
上下関係の比ではありません。

 

で、何が
難しさの原因かと言うと、

ほかでもなく
その「気遣い」なんです。

 

「言いたいことをいえない」

「思った通りにやれない」

 

このジレンマが
ストレスになるわけです。

 

だから、
難しさも感じてしまう。

 

僕は会社勤めがないですが
師匠に奉公した経験はあります。

 

まだ20歳そこそこの話です。

 

僕が師匠に弟子入りしたとき、
すでに何人か先輩がいました。

 

上下関係は、
そりゃもう絶対的な厳しさ。

 

当時の僕にとって、
師匠は、めちゃくちゃ怖い存在。

 

先輩方にも
ずいぶん絞られたものです。

 

口答えは厳禁。

 

与えられた仕事は、
期待を上回る質で
こなさなければならない。

 

つねに師匠の先回りをし、
気を利かせることに全神経を使う。

 

そんな中で身に付いたのは、
「相手が何を求めているのか」
それを、常に考える姿勢でした。


今でこそ人と接するときには
自然と考えるようになっていますが、

弟子入りした当時は、
まだ血の気盛んな若者だったので、
自己顕示欲も強かった。

 

けれど、

厳しい上下関係の中で、
思い知ったんです。

 

自分を評価してもらい、
目指す億票にたどり着くには、

相手の要求に答えることが近道
だということを。

 

そう気付いたのは2年目でした。

 

気か付くまでの1年間は、
そりゃもう地獄のようでした。

 

気付いてからは誰よりも出世し、
ライバルや先輩を出し抜いて
リーダーになりました。

 

すると
次なる試練があります。

 

それが
部下との関係での悩み。

 

弟子時代、厳しい上下関係で
鍛えられたぼくは、

自分の部下にも
同じように厳しく接しました。

 

でも、
厳しいだけではダメ。

 

人を使う立場になってみて
わかったこと。

 

それは弟子時代に
気付いたことと同じ。

 

「部下が何を求めているか」

ここが重要だったのです。

 

誰でも「好かれる上司」に
なりたいはず。

 

しかし、

必要以上に好かれて
恋愛に発展することも
ありますよね。

 

そんなご相談も多いです。

 

占いの仕事って
いつも面白いです。

 

人はみんな悩んでいるけど、

それは相手の気持ちを
かわっていないから。

 

そんなときは
占ってみるといいんです。

 

すぐに分かりますからね。

 

占いができると、

悩んでいることが
バカバカしく感じます。

 

つまり、占いを勉強すれば
悩まなくなるんです。

 

次第に、

悩みそのものが
消えてなくなります。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

「この人どんなひとなんだろう」 人間関係の悩みは占いで解決

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「この人どんなひとなんだろう」
人間関係の悩みは占いで解決
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

はじめて会う人と接するとき、
相手も自分もお互いに
気を使いますよね。

 

多くの人がそうだと思いますが、
出会ったばかりでいきなり
本音で語る人は少ないハズ。

 

なぜなら、それは
お互い様子見をしているから。

 

「この人はどんな人なんだろう」

と思うとき、
相手も同じことを考えています。

 

だから、本来の姿を隠して、
表面的な態度で接するわけです。

 

学校や会社などの組織でも
基本的には同じ。

 

新しい参入者は、

「上手く馴染めるだろうか?」
と様子を伺います。

 

そして既存のメンバーたちは

「うまく馴染んでくれるかな?」
と勘ぐっているものです。

 

理由は、お互いが

「嫌われたくない」
「悪く思われたくない」

と考えるからです。

 

お互いを警戒して、
間合いを取っている状態です。

 

過剰な行動をとって、
自分に危害が加わらないよう
慎重に接する。

 

また「エゴ」という毒を、
お互いに出していない段階です。

 

だから、出会ったばかりでは
一見「いいひと」に見えます。

 

ところが、しばらくすると、
陽がてな側面が目立ち始めます。

 

で、徐々に「好き・嫌い」が出る。

 

それは相手の「エゴ」が
明確になってくるからです。

 

そこで、はじめて
分別が始まります。

 

自分に危害を加えそうな相手と、
安心できる相手。

 

その識別の違いが「好き嫌い」の差
というわけです。

 

同じコミュニケーションでも、
友人と会社では、
勝手が違ってきます。

 

また、

上司と部下と言った立場でも
心構えが違ってきますよね。

 

占いに来る相談者は、
人間関係での悩みが多いです。

 

仕事だったり恋愛だったり、
家族や友人との関係だったり。

 

とにかく人は、
誰かとの関係で悩んでいます。

 

また、ひとりぼっちだと
今度は孤独に苦しみます。

 

パートナーがいてもいなくても
悩みはそれなりに生まれます。

 

それを科学の力で、
解決することはできません。

 

人と人との関係は、
心理学とか文化人類学などで
分類分けは出来ますが、

では、どうしたらいいのか
という対処までは難しい。

 

だから多くの人は、
占いにそれを求めるわけです。

 

よって、占い師と言う仕事は
全然減らないのです。

 

占いは心のエステであり、
魂のマッサージです。

 

「人の役に立ちたい!」
「人の笑顔を見たい」

という人は、

セラピストという仕事を
志してはいかがでしょうか。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain