月曜日に作られた商品は 欠陥品が多いから誰も買わない

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
月曜日に作られた商品は
欠陥品が多いから誰も買わない
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

サラリーマンや学生にとって
月曜の朝はテンションが上がらず
仕事の効率は悪く、身体はだるい。

 

月曜日は仕事のミスが
多いそうです。

 

アメリカには
ブルーマンデー・レモン」
という言葉があります。

 

レモンは欠陥品
という意味のスラングです。

 

月曜日に作られた商品は
欠陥品が多いから誰も買わない

というジョークです。

 

さらに月曜日は、

仕事の効率だけでなく
身体にも影響を及ぼします。

 

心臓発作が起こる確率は、
他の曜日に比べて
ずば抜けて高いといいます。

 

出社する際に感じるストレスや
高血圧が原因のようです。

 

サラリーマンを辞めて
自営業になる人が増えています。

 

自分を大切にする時代、
だと思います。


僕はこの現実を見越して
20年前にフリーランスの勉強会を
立ち上げました。

 

あれから20年も経ち、
フリーランスや自営業のための
画期的なビジネス・スタイルを
提供しています。

 

さて、

 

ずいぶん前になりますが、
娘からある開運法を
教えてもらったことがあります。

 

娘がまだ10歳のときと記憶しています。

 

一緒に映画を観た帰り道、
娘と歩いていました。

 

娘はふと、
こんなことを言いました。

 

「あのね、おとうさん
ハをフにかえると
しあわせになれるんだよ」

 

「へぇ、どういう意味?」

 

「イヤになったとき、
ハァ~っていうでしょ。
あれをフゥ~って言い換える。
すると、それを聞いた人が
イヤな気持ちにならないから」

 

なるほど!!

子どもって、
その無垢な目と心で
核心を突くことを言って
大人を驚かせます。

 

確かに
精神的に疲れがたまると、

そうしても「はぁ~」って
溜め息が出ちゃう。

 

溜め息が増えると
幸せが逃げていきますからね。

 

「はぁ、疲れた」

っていうのと、

「ふぅ、疲れた」

というのでは、
言霊の響きが
まったく違います。

 

言霊というのは

口に出した言葉(音の響き)に
霊が宿って現象を引き起こす。

という日本古来から伝わる
考え方です。

 

「ハ」を「フ」に変えると
しあわせになる。

という娘の言葉は、

言霊の本質をわかりやすく
説明したものです。

 

知ってはいても、
披露がたまるとついつい
口に出してしまうものです。

 

当時「言霊」なんて知るはずも無い
まだ幼かった娘。

 

そんな娘から、
専門家の父親が教えられました。

 

「ハ」を「フ」に変える魔法の言葉。

 

あなたも今日から、
ぜひ実践してみてください!

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

ずっと同じ髪形をしていると、 運気が停滞してしまいますよ

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
ずっと同じ髪形をしていると、
運気が停滞してしまいますよ
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

「いい出会いが欲しい」

というご相談、
とても多いんです。

 

まず「良縁を結びたい」人に
お勧めしていることがあります。

 

それが「髪を切る」という行為です。

 

ヘアスタイルは
見た目の印象だけでなく、
運気にも大きく影響するからです。

 

切りたくない人は、
ヘアスタイルを定期的に変えれば
運気もスムーズに流れます。

 

ずっと同じ髪形をしていると、
運気も停滞してしまいます。

 

部屋の空気が淀んでいたりすると、
窓を開けて換気したりしますよね。

 

ヘアスタイルを変えるのって、
ちょうどそれと似てるんです。

 

さらに細かく言うと

 

髪の毛は、運気の中でも
特に「人との縁」と
密接に関わります。

 

ですから

 

今の人間関係を改善したかったり
新しい出会いを求めている人は、

 

ヘアスタイルに気を配ること。

 

髪の毛には
「木性」の力が宿っています。

 

九星気学で「髪」は、
「四緑木性」に属しています。

 

四緑の「木」には、

 

紹介・人との縁・まとまる・営業
などの意味があります。

 

髪を切る、つまり
ヘアスタイルを変えることは

 

「木」の力を刺激し、
新しい縁を結ぶための呪術として
使える訳です。

 

ちなみに、

 

「髪」と神って
同じ読み方ですよね。

 

ダジャレではありません。

 

「言霊(ことだま)」といって
日本に古くから伝わる思想です。

 

つまり髪の毛は

 

「神の毛」に通じる
とっても大切な存在なんです。

 

ヘアスタイルに気を配るというのは

 

「神に気を配る」

ということでもあるんですね。

 

髪の毛の呪術は、逆に
悪縁を切りたいときにも有効です。

 

この場合、

 

思い切ってバッサリと切る
といいでしょう。

 

頭皮から生えてくる髪の毛には、
その人の念が宿っているんです。

 

ですから仏教で、
出家者が剃髪するのも、

俗世からの決別を
意味するわけです。

 

そう考えると、

 

まったく切らずに伸ばし続ける
という行為は、

 

剃髪とは逆に見えるけれども、
実際は同じような意識が
無意識に働くわけです。

 

過去に悲しい思いをしたり、
嫉妬したりした念が
髪の毛に宿って蓄積されています。

 

それをバッサリ斬り落とすことで、

 

過去の思いと決別し、
新たなスタートを切れるのです。

 

もし、

「新しい運気を呼び込みたい」

と思っているのなら、

思い切ってヘアスタイルを
がらっと変えてみましょう。

 

「木」の気が刺激されて、
何か良い変化があるはずです。

 

恋愛や仕事にも
大きく影響するハズです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

「自由・自在」という状態 これが若さを保つ秘訣です

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「自由・自在」という状態
これが若さを保つ秘訣です
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

ぼくは結構いい年です。

 

肉体的には
確実に年を取っています。

 

でも、一日の充実感は
日に日に増していく。

 

いつも新鮮な気分なので
老化は感じません。

 

それは、毎日
変化し続けているからです。

 

次の展開を考えたり、
新しい企画書を作成したりして、

必ず新しいアイデア
毎日生み出すわけです。

 

おそらく、
企画を考えない日は
1日もないんじゃないかな。

 

例えば、ぼくは毎日
欠かさず夢を見ます。

 

夢を見ない日なんて、
年間で1日あるかないか。

 

寝て直ぐに見るし、
起きる直前まで見ています。

 

そして目覚めてから、
ゆっくり見た夢を思い出して
ニヤニヤしたりして楽しみます。

 

夢の中では特に、
ビジネスでの過去の失敗、
これからの不安などが、

筋書きのない展開で
意味もなく強引に
繰り広げられます。

 

じつに自由です。

 

そう、

夢って自由なんですね。

 

寝てみる夢も、
起きてみる夢も、

想像の範囲内であれば
「自由」であり「自在」なのです。

 

この「自由・自在」という状態。

これが若さを保つ秘訣なのです。

 

東洋哲学でいう五行の「木」に

「若さ」という意味と
「アイデア」という意味があります。

 

イデアをイメージすることで
「木」のパワーが刺激され、

若さの体感を維持できる。
というわけです。

 

ですから、
加齢を感じている人は、

「1日1アイデア」を
実践してみてください。

 

「木」の呪力の効用で、
若さが維持できるんですよ。

 

さらにいうと、

見た目でも老けて見える人は
「木」のエネルギーが弱いんです。

 

つまり

見た目が老けている人は
新鮮なアイデアと無縁なのです。

 

僕の周りでも、
最先端の仕事をしている人は
みんな見た目が若い。

 

童顔な人もそうでない人も
とにかく若いです。

 

ちなみに五行の「木」には
「縁結び」にも効果があります。

 

コッチの方が
気になりますよね。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

せっかく正しい知識で鑑定しても 最終的には伝え方次第なのです

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
せっかく正しい知識で鑑定しても
最終的には伝え方次第なのです
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

今までいろんな理由で
占いを学べなかった人がいます。

 

より多くの方が
気軽に占いを学べ、

ずっと使える占術を
より効果的に身に付けて欲しい

そういう思いから
セミナーを開いています。

 

タロットだけでなく
どんな占術であっても、

売れる占い師と
売れない占い師がいます。

 

同じ占術を使っているのに
なぜ差が生まれるのでしょうか。

 

どうしてかというと、

結果を出せない占い師の多くが
「占い師として最も大事な要素」
を、間違えて認識しているから。

 

その間違いを知った上で学習すれば、

今後の占い師としての力量が
大きく変わってきます。

 

逆に、この間違いを知らないと
せっかく学んだ知識が
無駄になってしまいます。

 

多くの人は
「鑑定する」ことが、
占い師のやるべきことだと
勘違いしています。

 

そのため。

「知識を高めて技術を見書けば
占い師で成功できる」

と思い込みがちです。

 

ここに大きな間違いが
潜んでいます。

 

もちろん、

知識や技術力は
低いより高い方が望ましい。

 

けれども、

それが占い師としての
成功につながる重要素ではないのです。

 

じつは、

「鑑定結果を伝える」
というプロセスこそが

占い師として最も重要かつ
最も違いの出る要素なのです。

 

なぜなら、

相談者の状況や状態に合わせて
鑑定結果を「翻訳する」ことこそが
占い師の本分といえるからです。

 

結果を伝えるためには、

相談者を知り、
状況や不安にあわせて
答えなければなりません。

 

占い師が本当に視るべきは、
「鑑定結果ではなく相談者である」
ということです。

 

伝え方はとても重要です。

 

せっかく正しい知識で鑑定しても
最終的には伝え方次第なのです。

 

しかし、

こんな重大な要素にも関わらず
伝え方について学ぶ機会が
ほとんどないのです。

 

多くの占い愛好家が
勉強してプロになっても、
このことに気付くまで
数年掛かります。

 

最悪の場合、

10年経ってもそれに気づかず、
占い師の道をあきらめる
ハメになります。

 

学ぶ場が無いので、
ある占い師は独学で研究し、
また、ある占い師は、
有名な占い師に弟子入りします。

 

いずれも多くの時間をロスします。

 

ですから、ぼくは、
基礎的な知識はもちろん、

「実戦で使える伝え方」まで広く網羅した
新しい学習法を開発したのです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

占いの「結果」だけを伝えても 納得してくれません

日々、様々な相談が
寄せられます。

 

悩みの種類は
相談の数だけあります。

 

とくに恋愛相談に訪れる人は、
たいてい占いにいらっしゃる前、
周囲からさんざん否定されています。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
占いの「結果」だけを伝えても
納得してくれません
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

なんとか解決しないものかと悩み、
周囲の友人らに相談すると、

おおむね、

「そんなオトコ
絶対やめた方がいいよ!」

なんて言われてるんですよね。

 

だからといって
解決策があるわけでもない。

 

どうしたらいいか、
まったく分からない状態で、
恐る恐る鑑定依頼をされるわけです。

 

だから占い師は
否定をしないんです。

 

たとえそれが不倫とか
モラルからはずれてたとしても。

 

なぜなら、ぼくは
道徳を説く聖人ではないし、

一般的な正論を振りかざす
偽善者でもないからです。

 

かといって
「大丈夫。きっと上手くいくよ!」
なんていう気休めとか
無責任なアドバイスはしません。

 

例えば

紫微斗数という占術。

 

その命盤には
人間の長所と短所、
愛情と嫉妬の両面の顔が
刻まれています。

 

ようは、命盤さえ
しっかり読み解く技術があれば

 

たとえ自分を見失っても
過ちを修正することが
容易に可能となるのです。

 

紫微斗数は、その人が今
「なぜ、恋愛で簗んでいるのか」
を教えてくれます。

 

その答えは、

 

将来出会う人勢の伴侶との
キッカケを作るためだったり、

欠点を克服するためだったり
その時々によって様々です。

 

おなじ恋愛相談役であっても、
僕が心掛けているのは、

「その後の結果」も見据えて、
「今何をすべきか」を言明すること。

 

目先の現状だけを見ると、
情念がこもった不倫や

愛称の悪い相手との恋愛は、
苦しく、続かないものです。

 

でも、先を見てみると、

あとに控えている
「運命の彼」と出会う為の
避けて通れない悩んだった、、、

ということもよくある。

 

人は成長することに
意味があるのですから。

 

かといって、

占いの結果だけを伝えても
納得してくれません。

 

なぜなら、人というのは
自分の将来に対して不透明だから。

 

「今の状況はこのまま変わらない」
「むしろ変わってしまうのが怖い」

とさえ思いこんでいます。

 

いや、そういうことすら
考えていないかもしれません。

 

年齢が若ければ、
なおさらそうでしょう。

 

そんな人の思い込みをよそに、
運命は「今」とは違う未来を
容易していたりします。

 

今の自分からは
想像もできない未来の結末は、
実際に体験してみないと
納得できないんです。

 

ですから、ぼくは
悩みの渦中にいる相談者に、

ただ未来の結果を伝える
という行為はしません。

 

ぼくらにとって占いは
単なる当てっこゲームでは
ないからです。

 

なぜ、今この悩みはあるのか?
その先にいったい何があるか?
そのために何をすればいいか?

 

これらを解明するための指標が
現代人にとっての占いなのです。

 

紫微斗数の命盤を使うことで、
客観的にみた、もうひとりの自分に気付く。

 

それが自分を変えるきっかけとなり
それに合わせて相手も変わる。

 

今の恋愛での悩んは、
将来の自分を明るく照らすためにある。

 

自分を成長させる
「楽しい試練」だと分かれば、

苦しいと感じていたことが
さほど気にならなくなります。

 

気が楽になる。


それが占いの存在価値かな、
って思ったりします。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

人生は短くて、儚い。 あっという間に終わります

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
人生は短くて、儚い。
あっという間に終わります
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

ひとつの事業を立ち上げるだけでも
いつも苦しい思いをしますよ。

 

だけど、またやっちゃう。
やめられなんですね。

 

新規事業のオープン!

 

いつも「無謀だ」と言われます。

 

子どもの頃から
ムチャクチャなことだけを
やってきました。

 

人生は短くて、儚い。

 

あっという間に
終わってしまいます。

 

だから、いまできることは
すべてやっておきたい。

 

そう考えて日々
生きているからです。

 

挫けることなんて考えられません。
やれることはやる。

 

妥協もしない。

 

しかし、

できそうな妥協は
意外とあっさりするのです。

 

そういうメリハリが
経営には大事な感覚なんです。

 

ぼくは、嫌いなこと
やめたいなと思ったことは
スパっとやめます。

 

切りたい縁は
あっさり切ってきました。

 

そうすると、
まったく予想もしないところから
新しい縁がやってきます。

 

ビジネスも恋愛も
つねにオープンマインドです。

 

シェアサロンでは
女性がビジネスで挫折しないための
根本的なサポートをしています。

 

ただの「場所貸し」では
終わりません。

 

はじめた事業を継続させるには
精神力だけでは持ちませんから。

 

特に、

女性が起業するときの
心構えがあります。

 

それは

自分の事業を
ひとことで説明できること。

 

「キャッチコピー」
「キャッチフレーズ」
「スローガン」

この3つを生み出す作業です。

 

そして、まずは
マーケティングですね。

 

「誰がお客さんなのか?」

 

コンサバ(保守)なのか
アグレッシブ(革新)なのか。

 

あなたのお客さんは
どこにいるのか?

 

さらに、
競合他社の分析をします。

 

他との違いに気が付き、
自分のウリを明確にするのです。

 

マーケティングを絞るためには
ブランディング」も欠かせない
重大な要素です。

 

まず、自分の魅力を知るわけです。

 

あなたには、かならず
魅力があります。

 

ぼくは、あなたの魅力を
わずか10分で見抜く術を
持っています。

 

欠点なんて
誰にでも分かります。

 

しかし長所を知るには、
高い技術と長年の経験が
必要なのです。

 

紫微斗数四柱推命などを使って
抽象的だったあなたの個性を
具体化させます。

 

「自分が何者かを知る」

 

すると自己紹介が
2分で明瞭にできます。

 

事業にはリスクを伴いますから
お金の管理がとても大切。

 

しかし日本人は
お金の話が苦手。

 

そういったデリケートは部分を
なにげなく深掘します。

 

リクープラインを知る。
キャッシュフローを知る。

 

リクープラインとは
損益分岐点のこと。

 

キャッシュフローとは
支出の時期と入金のタイミング。

 

これを無視しえしまうと
事業はたやすく破綻するのです。

 

ビジネスで挫折せず、
はじめた事業を継続させるには、、、

独りにならない
自分の考え方にこ固執しない

というマインドも重要です。

 

誰の意見を聞くか?

 

もちろん。
その道の専門家であり
現役のプロに聞くべきです。

 

見切り発車でいいのです。

 

用意周到で
始める必要なドありません。

 

ただし継続するためには
本当にやりたいことをやる。

 

なぜならば

本当にやりたいことをやれば
挫折はしないからです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain

 

美味しいものを食べて、 気の合う仲間と語り合う

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
美味しいものを食べて、
気の合う仲間と語り合う
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

健康のための色が
メディアを中心に広まりました。

 

「マクロピオティック」とか
ヴィーガン」なんて言葉も、

よく耳にしますよね。

 

それらも「食べること」の
こだわりの一つだと思います。

 

しかし、

そういったメゾットを
実践したからと言って、

必ずしも健康になったり
開運するわけではないんです。

 

なぜかと言いますと、

職へのこだわりの根底に、
「こんなのを食べたら病気になる」
という

恐怖心をあおる宣伝文句が
あるからなんです。

 

「食べちゃいけない」
「食べなくちゃいけない」

という固定観念
いつしか執着心となって、
頑固な気質になりかねないのです。

 

もちろん「こだわり」は大切ですが、

強迫観念からくると
「否定的なこだわり」

になってしまう。

 

つまり、

崇高な哲学が、
妄執とか煩悩に
なってしまうわけです。

 

そうすると、今度は
「心」が病んでしまいます。

 

もともと「美容」や「健康」を
意識して始めたはずの
食へのこだわりが、

まさか

「心」を病む原因になるなんて、、、
本末転倒ですよね。

 

じつは、ぼくも
マクロピオティックを
試したことがありました。

 

たしかに体調は良くなったけど、
やはり苦痛でしかなかったのです。

 

それ以来、僕は
「食事を楽しむ」というこだわりを
持つことにしたんです。

 

ぼくの食へのこだわりは、
「良質なもの」を食べること。

 

ちなみに
「良質なもの=高い食材」
ではありません。

 

良質なものとは、

「おいしい!」と
心から思えて、

幸せな気持ちになれる料理。

 

それが、自分にとっての
良質な食べ物なんです。

 

いくら健康に良いからと言って
「あまりおいしくない」
と感じるものは口にしない。

そう決めているんです。

 

良質なものを味わうことで、
心が満たされます。

 

うまいと感じるものしか食べない
というこだわりをもって
毎日の食事を楽しむ。

 

そうすると、

「運を取り込むための体質」を
作ることができるんです。

 

その理由は、
不満を感じなくなるからです。

 

じつは「不満」っていうのは、
魂のレベルを落としてしまうんです。

 

「良質ではないもの」を
食べることが悪いわけではなく、

「不満」を心に抱くことが
開運を妨げてしまうんです。

 

「とりあえず
お腹を満たすためだけの食事」

というのは
魂に不満を抱かせます。

 

心や頭では満足していても
魂が満足していないんです。

 

そうすると、魂のレベルが
少しずつ落ちてしまうわけです。

 

魂のレベルが落ちると、、、

勇気・活気・覇気がなくなり
器の小さな人間になります。

 

オドオドとした振る舞いになって、
急激な変化に対応できないため、

好きな人が離れて行ったり、
嫌いな人との縁が強くなったり、
やりたい仕事を横取りされたり、

とまったく散々な目に遭います。

 

そして、必ず
人間関係や体の不調となって
現れてくるんです。

 

とくに食事は毎日とるものだから
蓄積しやすいんです。

 

マクロビヤヴィーガンだって
「心から美味しい」
と思って食べていれば
まったく問題はないんです。

 

食事に、
どれだけ幸福感を感じるか。

 

それによって魂の質も決まるし、
さらには「引き寄せの法則」が働くんです。

 

自分と同じ魂のレベルの人と
縁ができ始めるわけです。

 

悲観的な人は、悲観的な人と。
楽観的な人は、楽観的な人と。

寛大な人は、寛大な人と。
過敏な人は、過敏な人と。

 

あなたは、どういう性質ですか?
どういう性質が好きですか?

 

美味しいものを食べて、
気の合う仲間と語り合う。

 

これが
開運体質をつくるんです。

 

 

f:id:icbm42239203:20201215120458j:plain